A Cruel G-PHONE's Thesis
-犬舎という名の監獄から-

其の百三十


七夕は昨日だったが雨だったので、今日写真を撮った。

優牙03

優牙02

優牙
風流とか全くそんなものには興味が無い優牙。
ただカサカサなる飾りが気になるらしい。

折角飾ったんだから食べないように。
短冊はそっとしておいてね。
聞いてないだろうけど


優牙と入れ替わりに兄さま登場。

白夜03
おっ。さすが兄さま。絵になりますな。


そこに偶然落ちてきた飾り。

白夜

白夜05
首に巻いたらお気に召したようで、満面の笑み。
今度からそれで散歩な。


写真を撮っていたら「アイス食べる?」と聞かれたので涼しい場所で食べる事に。

白夜10

白夜11
貰う気満々の兄さま。吠えて催促。
誰も吠えろの命令出していませんが。


知らん顔してたら

白夜12
こっちを見ないようにしてる。

まぁ、目の前で食べてたら欲しいよね。
ちょっとあげようか。
(何でもかんでもあげている訳ではないです)
ほら、びゃく、ちょっとだけな?

白夜07
このっ、ガッツリ食べよった!
署長もまだそんなに食べてないのに!


しばらくして署長がほとんど食べた後、びゃくにあげてみた。

白夜06
ほんの少しだけ。


白夜08

白夜09
もうアイスはないのに棒を取ろうとする。
噛み砕かれると厄介なので、離さない署長。
んぎぎぎぎ、って感じ。


現役監獄のボスと自称監獄のボス(だたの世話係)との攻防は続く。

でも兄さまはもう署長とは違う次元にいる感じがします。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

其の百二十九


優牙に凍った馬の骨をあげた。
噛み砕けそうにないぐらいに硬い。
案の定、食べられる部分だけ食べて放置してあった。

もういらないの?と言いながら優牙の鼻先に持っていっても押し返してくるので、
兄さまにあげた。

白夜04
微妙な場所で齧ってる。


優牙02
しばらく兄さまの食べる様子を見ていたが、


白夜&優牙03
自分以外のものが食べているのは美味しそうに見えるのは、犬も同じのようだ。


白夜&優牙04

白夜&優牙

白夜&優牙02

白夜&優牙05
取り返したいが足が短い。


白夜06
ゆっくり齧りたいのか兄さま移動。


白夜03

白夜
なのにそのまま放置。
いらないのかよ


いらないのなら優牙にあげるよ?

白夜05

白夜02
美味しかった、みたいな顔してるし。


そしてまた優牙にあげた。

白夜&優牙07

白夜&優牙08

優牙04
何故か隠すようにして食べる優牙。
誰もとれへんがな。
兄さま満面の笑み。


白夜07

白夜09

白夜13
えらくご機嫌。
公家口調で喋りそう。
満足ですか、そうですか。
そうだ、ブラッシングしようか。


ブラシしようとしたら

白夜10
「やめろや」

えぇー。ブラシ好きじゃないのかよ。
今は機嫌が良いからやめろってか。
前足重いんだけど。

やっぱり自由だな、お前・・・。

さすが監獄のボスだけあるよ・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村

其の百二十八


連日の晴れで猛暑日が続いたが、今日は久しぶりの雨。
最高気温も23度と涼しい。
毎日がこれくらいの気温だといいのに。


雨なので監獄内もまったりした空気。

アーシェ
バランスが変
てれっとした座り方と、顔と耳の大きさ。
身体が細いし、換毛期で毛が抜けたのでよけいにそう思う。
真面目な顔も笑える。


アーシェ02
寝てしまった。
鼻面にある傷跡は全部兄さまがやりました。


アゼル
いつもキリッとしているアゼル。
目力か?


ジーフォン
半笑い
ぢーほんの辞書には目力なんて言葉は無いのかも知れない。


白夜06
寝ているのか起きているのかわからない兄さま。


白夜05

白夜03
他の犬には無い雰囲気を持つ男、白夜。
洗ったら白くなった。


兄さま、雨が小降りのうちに散歩に行こうか。

白夜07
兄さま、本体が出ていますよ。
この時期しか見られないのでとても貴重な瞬間。
そう、いつもの体は仮の体です。


白夜04

白夜08
本体を乗せて歩く。

しばらくしたら本体は消えていた。
また来年会えるかな。


昨日の夜、ホタルを見た。
偶然足元の草に止まっていたので、写真に撮れた。

ホタル

ホタル02
もっとハッキリ撮れたら良かったけれど、普通のデジカメではこれが限界。
フラッシュにしたら、せっかくの光が分からないし。

でも、思っていたよりもホタルって小さいのね。
この地域のが小さいのかな。

光ながら飛んでいるのを見ていると時間を忘れる・・・。

と、後ろを見たら

白夜09
「先に帰る」

兄さまに先に帰られてしまった。

自由だな、あいつ・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村

其の百二十七


今回も優牙ネタ。たまにはいいだろ

優牙05
「にゃはー」

現在6歳。来年にはシニアになる。童顔なのに。
後ろに本物のシニア


優牙03

優牙04
「やんのかよ!遊ぶのかよ!」

署長が近づくといつもこのポーズ。
ハイテンションすぎてたまに鬱陶しい。


元々が人懐っこいほうではないのだけど、苦手でもない。
知らない人でも、知ってる人でも頭を撫でようとすると、さっと避ける。
その割には手を舐めたりする。

そんな優牙でも怖い嫌いな人がいる。

その人とは旦那

優牙03
「あいつがいる!」

子犬の頃(署長はその場にいなかった)旦那のスーツにじゃれつき
スパーンと頭をはたかれて以来、優牙は旦那を敵認定している。

旦那の前でおやつやご飯をあげても、食べずに目を逸らさないで見ている。

署長がいないと唸る。

一度だけ旦那に優牙のリードを持ってもらったら、暴れ馬のように跳ねまくってた。

大阪で室内飼いだった頃、優牙が唸って数秒後に旦那の自転車の音がした。
そんなに嫌いか。


優牙08
いつものふざけた表情ではなく緊張状態。


優牙

優牙06

ここに越してきてからは旦那と顔を合わすことが極端に減った。

それでも優牙は一生旦那を嫌いなままなんだろうなと思う。

でも、優牙は絶対に旦那にはお腹を出さないんだよね。

ちなみにアーシェ、優牙の兄弟・カイも旦那が苦手だ。

狼犬に嫌われやすい体質なんだろうか。


署長のほうが旦那よりずっときつく叱っているのにこの違いはなんだろうな。

世話をしているかしていないか、なんでしょうか。


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村

其の百二十六


今日も暑かったので犬用プールを出してみた。

若干影の薄い優牙が繋がれている場所に置く。

優牙11
興味津々で見ている。

署長宅の水は湧き水を使用しているので、夏は冷たく冬は温かい。
雨が降って水が濁った時だけ水道水に切り替える。
なので基本、水道代は基本料金しか払っていません。
なんとも贅沢です。


優牙09
取り敢えず水を飲む。


優牙13
「水溜まったよー」

うん、いい笑顔だ!
じゃ、入ってみる?


優牙10
冷たくて気持ち良いよねー、って


優牙12
ザバァ

何すんねん!


ここからは動画で。
[広告] VPS

何がしたいねん、お前・・・。
もしかして水が嫌いとか?


優牙14
延々と水をかき出してここまで減った。
足が綺麗になってよかった。

優牙のやることは未だによく分からん・・・。


昨日今日とホタルを見ました。

写真に撮りたいけれど、良いカメラじゃないと写らないですね。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。