A Cruel G-PHONE's Thesis
-犬舎という名の監獄から-

其の十七



アーシェ02
キツネの襟巻き見つけた!
これで今年の冬は温かいかも・・・




署長宅に居るもう一頭の超大型犬?アゼル。

アゼル04
ボルゾイの中でも、体高75cm、25.5kgと小柄。




まとまりの無い個性的なメンツが揃う監獄内でも、一際目立っている。

アゼル02
朝、掃除しに入っても大抵こんな格好でいる。
呼んでも来ない。





生後4,5ヶ月。

アーシェ&アゼル



                 拡大

アゼル10
                                 「はぁ!?」
                 本当に犬なんだろうか。




ある日の監獄内。

アゼル09
排水溝の蓋が転がっても可笑しい年頃。




白夜は遊んでくれないし

白夜&アゼル02
華麗にスルーな白夜





寝る事にしたものの、アゼルの定位置にはナマコみたいなのがいた。

ジーフォン




悩んでみたが

アゼル07
実は蛾を見ている。





いつもの場所で寝る事にしたらしい。

4頭05

4頭07
うなされそうだが、良いのかそれで。

やはり少し変わっていると思う。





ジーフォン&アゼル

ジーフォンに一方的に好かれているアゼル。
お前を迎えられて良かったと思うよ。



また田んぼを爆走しような♪




アーシェ&アゼル
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://byakuya620.blog120.fc2.com/tb.php/22-0b1a9f95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。