A Cruel G-PHONE's Thesis
-犬舎という名の監獄から-

其の四十八


昨日の夜です。

雹
雹が降った。



犬たちのご飯の時間。

優牙
座って待てだよ。


ご飯
1歳組の視線を受けながら食べるネ申。


ご飯02
とり敢えず手を出してみる。



はい、お待ちかねのご飯ですよ。

アゼル05
放り出してあるのはラムの骨です。
今更だけど、もうちょっと上品に食べられないのかね。


ジーフォン06
昼間に走ったので黙々と食べているぢーほん。


ジーフォン08
底に入れてあった骨が出てきた。
何故かぢーほんは骨が出てくると、数秒食べるのを止める。
食べていいのか迷うらしい。


ジーフォン09
「よっこいせ、と」

今日は食べるのね。
いつもは署長が取り出してやらんと食べないのに。


ジーフォン11
ラムの首の骨を食べる。
音だけを聞いていると、スナック菓子を食べているようだ。


ジーフォン19
「美味しかったかも」

良かったな。また来週あげるから。
さ、残りも食べな。


ジーフォン25
「全部食べたかもー」

だからって何で漏らすんだよ


ジーフォン21
「ちょっと足りなかったかも」

骨を入れた分、少しフードを減らしたんだよ。
こうして見ると、ぢーほん細いな。


ジーフォン&アゼル12
「ないわ」
「ないかも」

鑑識みたいだな。


白夜
何だこの顔・・・。
ネ申だからどこかと交信中なのか?


アーシェ&アゼル
「絶対証拠(骨のかけら)があるはず・・・」

放たれる鑑識班班長。
班長なのに食事時は隔離されている。


アーシェ&アゼル02
「何でこっちに来るのよ・・・!」

さりげなく近づいてみても無駄なようだ。
ほら、怒ってんよ。
食べた後はゆっくりしたいんだってさ。


アーシェ&アゼル03
「ちょっと、ごめんなさいよ」

アーシェも大概しつこいな。


アーシェ&アゼル05
なにか発動しそう


アーシェ
あんまりにも、しつこいので


アーシェ02
証拠隠滅


アーシェ03
「署長が水で流した・・・」

また来週あげるから、そうがっかりするなよ。


♀って食い意地張ってるなぁ・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://byakuya620.blog120.fc2.com/tb.php/56-49de31bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。