A Cruel G-PHONE's Thesis
-犬舎という名の監獄から-

其の六十七


しばらく放置してしまった。
写真撮ってなかったから

ある日の犬たち。

アゼル05
全力疾走でぎりぎりで避けてくれる。
たまにぶつかる。
ここでぶつかると、署長は下に落ちるんだが。


アゼル09
「あの山の向こうには海があるのかしら・・・」

しばらく走ると物思いにふける。


アゼル06
「取り敢えず腹ごしらえしとかなきゃ」

ゴミ捨て場覗きに行くんじゃねーよ!


アゼル07
呼んだら戻ってきた。
収穫はなかったようだ。


続いてアーシェ。

アーシェ03
散歩に行ったのに、座ってる写真しかない

あっちゃん男前だな。♀だけど。


アーシェ02
呼ぶと首をかしげるのが可愛い。

散歩中「あら、でっかいハスキーね」と声を掛けられた。
ハスキーじゃないんですよー、と答えると、
「でも顔がオオカミみたいだからハスキーじゃないの?」と返ってきた。
母犬が狼犬で、父親がシェパードなんで雑種です、と言ってみたけど多分分かってもらえてないかも。


アーシェ07
「ちゃんと説明しろよなー」

お前が言ってくれよ。


アーシェ09
おー、可愛いな。あっちゃん!
写真写りが良いのは得だな。


ジーフォン09
「・・・・・」

足が短いな


ちょっと走らせてみた。

ジーフォン12
「署長ー」

どこから出て来るんだよ
よくそんなとこに入っていけるな・・・。


ジーフォン11
2頭身ですか?

バランスがおかしいうえに、鳥の巣のようだ。


この方も元気です。

優牙02
「よっ!」

お前もさー、もうすぐ6歳になるんだから少しは落ち着いてくれよ。
取り敢えず、内側から鍵を掛けるのは止めれ。
(手が器用なので、がちゃがちゃやると鍵が掛かるのを覚えたらしい)


全員
なんちゃって全員集合。
誰もカメラ目線じゃないな。


早く暖かくなって欲しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。