A Cruel G-PHONE's Thesis
-犬舎という名の監獄から-

其の八十八


ぢーほん。お前にハガキがきたよ。

ジーフォン07
「何かも?」

まぁ、あれだよ。招待状みたいなものだ。


ジーフォン
「好きですって書いてないから行かないかも」

それがね、絶対に来て下さいってさ。

狂犬病予防注射だから。

ハガキ02
意外にもちゃんと種類が書かれていた兄さま。
ホワイトシェパードだけでくると思っていた。


ハガキ03
毛色がその他になってる。
虎毛でもその他になるのだろうか。


ハガキ
種類がマスティフになってる。
昨年はチベタン・マステフだったのに。
うーん、訂正するべきか?


昨年は初めて集合注射に行った。

1番手は体力温存の為、大人しい兄さま。とくに何も言われず。

2番手はアーシェ。「シェパード?」と何度か聞かれる。

3番手アゼル。「ボルゾイ来たw」「細い」「ちゃんと食べさせてる?」と言われた。

4番手は優牙。犬も人もいなかったので普通に終了。

最後はジーフォン。見たとたん半分くらいの人が逃げた
小型犬連れていた人は車の中に逃げてた。別に吠えも何もしていないのに。
獣医さんがふらっと寄って来て
「この子はニューファン?」
「いえ、チベタン・マスティフです」
「へぇー。色んな犬がいるんだね」
で、プスッと注射をして終了。

市役所の人?に「来年も来るよね?引っ越さないよね!?」と聞かれた。

会計をしている間、ぢーほんは机の横で寝そべってしまい、「帰らないかも!」と言うのを無理やり引きずって
笑われながら帰ってきた。

集合場所まで片道250m×5往復=2.5km

1時間しかないので焦るんですよ・・・orz



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。